So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャパン駅伝ツアーファイナル [ランニング]

とすごいタイトルの大会に出ました。この大会は、沖縄東京神戸と開催された大会の上位のチームが招待される、シーズンの優勝を決める大会です。

IMG_6292.jpg


大会にはゲストとして、あの公務員ランナー! ではなく、そのそっくりさんのM高史さん。

ファイナル」と言っても、この大会だけのエントリーもあり、私は職場で同じフロアの仲間を集めて出場しました。もちろん、各大会の上位からは程遠いタイムです!!
場所はお台場。観覧車のすぐ下の公園です。

IMG_6293.jpg


天気予報では雨、ただし気温は高くなるとのこと。先日のリレーマラソンは雨で気温も低く、走るのには厳しい天候だったので、それよりはまだいいかなと思っていたのですが、当日、気温も上がらず、再度、寒い中、雨の中での走行となりました。

大会はエンジョイの部とエキサイティングの部に分かれていて、エンジョイの部は合計で12km、エキサイティングの部は20km走ります。我々は、20kmのエキサイティングの部。4人で、6km、4km、4km、6kmと襷をつなぎます。

第一走者は私。1周2キロのコースを3周で、距離としては長くはないのですが、石畳の部分があり、また、折り返しは鋭角、緩やかですが登り降りがあり、滑りやすいので注意が必要です。

IMG_6295.jpg


特に最初の折り返しは危険なので (直前のエンジョイの部で転倒が相次いだらしく)、折り返しの直前にコーンで障害を作り、スピードを落とすようにしていました。

実際、スタートして走り始めると足元が滑りやすく怖くてスピードが出せません。と言っても、もっと速く走っている人もいるので、言い訳もできず…。さらに、時計の設定を間違って、現在のペースがわからず…。体感的にはかなり遅く感じ、全然ペースが伸びないと喘ぎながら、なんとか3周して第二走者に襷を渡し役目を終了。時計を見ると27分を切るタイム、キロ4分30秒を切っていました。一週間前に5kmのタイムトライアルのペースとほぼ同じ、ということで、実力程度のペースは出せ、路面コンディションやコースを考えると満足できるタイムかと。

その後、第二、第三、第四走者と全員キロ5分を切るタイムで走ってくれて、結果、合計で1時間30分を切れました。

今回は、同じ会社から何チームか出場していたので、最後にみんなで集まって打ち上げ。

天気が悪かったことを差し引いても、とても楽しい1日でした。
タグ:東京 ラン 駅伝
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9

コメント 1

liang

楽しそう!
友人が神戸から参戦してました。
近くだったら見に行ったのに~。見応えありそうですね(^▽^)
by liang (2017-04-25 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。